Concept絶対抜かない!

私の方針は、歯は小さな虫歯なら削らないこと、運が悪く神経を取るときは、丁寧にきちんと根の先まで再発がないように治療すること、そして『絶対抜かないこと』です。そして根の治療は、正しく保険治療で行います。

最近ある会で、昔は歯医者さんは随分待たされたなぁ、そして、みんな歯を抜かれて総入れ歯さぁ。とある高齢者の方が言いました。すると私も俺も入れ歯ですよ、となりました。歯科医が少なかったからなのかもしれません。
当時は歯周病とはいわず歯槽膿漏といい、骨が溶けて膿がもれる病気とされていました。不治の病と思われていたかもしれません。
とにかく、若い方々はインプラントやブリッジにはしないでください。10年後、20、30年後にかならずトラブルがきます。私の左上七番が残根のまま丸5年たちました、先週同じく左下七番が夜痛みだしました。数十年ぶりです。生まれてはじめての下顎の抜髄かとおもいきや、身内によって保存治療をしてもらい、神経をとらずにすみました。神経をとると、ハセツやひび、膿などがたまり早期に抜歯に至ることが多くみうけられるからです。
術者のやる気、努力、丁寧に神経を保護する治療です。歯科医の裁量によるものです。したがって、私の歯の総本数は28本のままです。

最後に申し上げます。
歯を抜かずに守るかかりつけ歯科医を探すこと選ぶこと。歯は大切な臓器なので胃や腸とおなじですから。多数歯に及ぶ再度の治療は痛い、噛みずらい、時間がかかります、回数がかかります、難しい、費用も人工臓器なので莫大になることもありましょう。
インフルエンザのようにすぐにもとの健康体になるのとは訳が多少違うように感じます。
以上、最近の実体験も踏まえての話しでした。

PROFILE

日本大学歯学部卒業
歯学博士
日本歯周病学会認定医
元日本歯科保存学会保存治療認定医
両国小学校校医
元日本大学歯学部兼任講師

DENTIST

歯科医師 中山あゆみ 先生

歯科医師 國本あゆみ

口腔外科を専門としております。口腔外科とは、歯茎に埋まっている親知らずの抜歯や顎関節症、口の中のできものや舌の痛みなど、口腔内の異常の治療を行います。

矯正医 國本貴洋

当院では、歯の生え変わりの時期から矯正治療を行い、歯がすべて生え変わってからなるべく非抜歯で歯並びを改善できるよう対応しています。無料相談も行っていますので、お子さんの歯並びが気になる方は、生え変わり始めた時期に一度いらしていただけたらと思います。

STAFF予防歯科を担当するのは、5人の歯科衛生士

5人の歯科衛生士が、定期的にお口の中の健康維持をサポートし、あなた様の歯を一生涯お守りいたします。

PAGE TOP