歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
無料カウンセリングは蛭間(ひるま)重能と蛭間あゆみ(元東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)

ホームへ戻る > お悩み相談・567ブリッジの痛み、妊娠6ヶ月ですが治療は?

  • Q 右上567ブリッジの痛み、外した所7番の歯の股の部分の底が抜けていると言われました。現在妊娠6ヶ月ですが、治療は可能でしょうか?  

     右上567ブリッジ(6番欠損)が痛み出し、 ブリッジを外した所7番の歯の股の部分の底が抜けていると言われました。
     出血、臭いも酷く普通なら抜歯と言われましたが、 先生が騙し騙し使えるまで使おうと残す治療をしようと言うことで、現在コアを外し、根の治療はせず、ファイバーポストをまだ使える根に1本いれスーパーボンドを使用、レジンみたいなものでコアを作りました。
     他の根はコアを入れれないと言われました。ですが、膿の臭いや出血が滲み出ていて、このまま治療を進めるべきか悩んでいます。
     治療途中でもセカンドオピニオンは可能でしょうか?
     また、現在妊娠6ヶ月なのですが、治療は可能でしょうか?


  • A. 両国保存治療カウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     妊娠6ヶ月は治療は難しいかもしれません。


 ホーム
両国保存治療カウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2018 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.