絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・海外在住、ヒビ、抜歯、インプラントの前に保存治療
  • Q 海外在住、ヒビ、抜歯、インプラント。私のようなケースでも歯を残せる場合もあるのでしょうか?
     
     はじめまして
     イギリス在住です。
     来月、一時帰国予定で診察して頂きたいと思っています。
     実は、右下のブリッジ(5,6,7番)にかなり強い痛みがあり現地の歯科医で診察を受けたところ、レントゲンでは問題は見られないが、痛いのなら歯が割れているかひびが入っている可能性があると言われました。
     ヒビは、レントゲンに映らないケースも多いとか。 かなり、大きいクラウンがかぶさっているので、神経のない歯ですし、はずすとなるとその時点で歯が欠けてほぼ抜歯確実だとのことでした。
     診て頂かないとわからないと思いますが、私のようなケースでも歯を残せる場合もあるのでしょうか?
     左下の6番も同じ症状で一ヶ月前に抜歯したので、出来れば抜歯は避けたいと思っています。
     そちらのクリニックでは、そのような症例が載っていましたので、お伺いしたいと思いメールしました。
     もう少し痛みを我慢して、そちらで診ていただいて、残せる可能性がありましたら再根管治療になりますか?
     抜歯となりましたら、インプラントを考えています。
     お忙しいところ、恐縮ですが回答よろしくお願いします。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。
     医療費が高い海外からたくさんアクセスがございます。
     すべてケースバイケースです。
     削られない、神経を取られない、抜かれない、80才まで使うものです。インプラントもブリッジも入れ歯もみな人工物、イミテーション。
     自分の歯、ご自分の歯なのです。
     お大事になさって下さい。
     メール有り難うございました。



 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2014 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.