絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯茎の炎症、歯肉炎、歯根破折、抜歯、ブリッジ、デンタルフロス
  • Q歯肉炎か何かかと思い様子をみていましたが、歯根破折の症状にあてはまるようで、急に不安になってきました。

     はじめまして。左上6番の歯のことで、相談にのっていただきたく存じます。
     この歯は、銀色の金属ですっぽりと覆われており、いつ頃治療したのか覚えていませんが、15〜20年くらい経っていると思われます。(定かではないですが、おそらく神経は無いようです。)
      しばらく前から、噛むと違和感があり、デンタルフロスを使うと痛みが出る歯茎の炎症が気になりだしました。昔から歯垢がたまりやすい歯だったので、歯肉炎か何かかと思い様子をみていましたが、なかなかよくならないと思っていたところ、ネットに書いてあった「歯根破折」の症状にあてはまるようで、急に不安になってきました。
     というのは、11年前に右上4番が破折により抜歯・ブリッジを余儀なくされ、その際の治療が、身体的にも費用的にも、とても大変だったことが思い出されたからです。そんなわけで、なんとかこれ以上抜歯をせずにすませたいのです。
     抜歯をせずにすむ可能性があるのならば、貴院を受診させていただきたいのですが、いかがでしょうか。
     ちなみに、今回の症状が出てからは、歯科医院の受診はまだしておりません。(二か月ほど前に、近所の歯科医院にてスケーリング後、診療終了となったのが最後です。)
     お忙しいところ、恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。

     お答えいたします。拗れた根の治療は多くの歯科医が嫌がります。やってみなければわかりません。





 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]
Copyright (C) 2004-2011 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.