絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・アメリカ、差し歯、歯茎に膿、海外保険、歯科治療
  • Qこのまま放置しておいて痛みは引く可能性はあるのでしょうか? それとも日本へ帰国し、治療に専念した方がいいのか、アドバイスをお願いします!

                 

     この4月より、主人の転勤でアメリカに在住しております。
     渡米前にきちんと歯の治療や検査をしたのですが、ここのところ右鼻の下を押すと痛みが走ります。そして本日、前歯歯茎を押すと痛いのと舌であごの裏を押すと少し痛みます。歯茎の見た目は腫れたようには見えません。
     15年ほど前に前歯3本(中心とすると右1本左2本です)を差し歯にいたしました。その1年後、定期健診の時に歯茎に膿が溜まっていると言われて、歯茎の上から穴を開けて取り出しました。その後、痛みはなかったのですが、どうもその辺りのような気がします。加入している海外保険では、歯科治療は出ないと言われてしまいました。
     このまま放置しておいて痛み(押したら痛い)は引く可能性はあるのでしょうか?
     それとも日本へ帰国し、治療に専念した方がいいのか、アドバイスをどうぞ宜しくお願い申し上げます!





  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。毎日毎日この症例を治療させていただいておりますが、こじれたものは難治せいでなかなか治りません。外科手術になることもたびたびです。疲れたり、風邪で免疫抵抗などがおちれば、明日にでも突然腫れだすと思います。先月ハワイからお越しの方は、ハワイの専門医の治療費が一本”2000ドル”してやったそうです。しかも再治療とのことでまた2000ドルかかるということで日本へ逃げ帰るようにこられた方もおられます。日本では保険で数千円です。


 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.