絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > お悩み相談・歯の根元にひび、歯周病ポケット、ブリッジ、インプラント
  • Q、タイ国バンコクで歯の治療をしており、抜歯後から歯根部分が減っていくので早めに処置をした方が良いと聞いたもので気になっています。
                 

     現在、タイ国バンコクに滞在しております。
     こちらで歯の治療をしておりご相談させて頂きます。
     上前歯1本が(差し歯)がぐら付いており歯周病も含めてこちらの歯周病の先生に見てもらいました。その結果、歯の根元にひびが入っていて抜かないといけないといわれました。(レントゲンでは私には判断できませんでした。)もちろん歯周病ポケットも深く歯周病により根元の骨も少なくなっていて抜歯後半月から一ヵ月後、手術をして骨の増幅をした後状態をみてブリッジかインプラントの治療になると言われました。
     この件に関して、全体のレントゲン写真と前歯に局部レントゲンを元に触手で判断されました。この部分以外の歯周病は無いとも言われました。
     来週にも抜歯をする予定ですがこちらの先生のホームページをみて本当に抜歯なのかと疑問に思っています。
     また、抜歯後どれくらいの期間放っておいてもインプラン等の手術は可能でしょうか?
     ネット上で抜歯後から歯根部分が減っていくので早めに処置をした方が良いと聞いたもので気になっています。
     現在、状況しだいでは日本に一旦帰国して診断、治療をと考えています。どうか情報の少ない中お教えいただければ幸いです。


  • A. 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     お答えいたします。インフルエンザと違い治れば健康になるというような病気とも異なり、やる気の違いのように思います。抜くか抜かないかの線引きはございません。歯科医の考え方と何とか抜かずに治そうとする気力とやる気のように思います。





 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2008 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.