絶対抜かない、歯を残す、膿を治す!
保存治療とインプラントを中心に診療を行い、とにかく必ず噛めるようにします!
インプラント無料カウンセリングは「インプラント1000症例以上」の蛭間(ひるま) 重能と蛭間あゆみ(東京医科歯科大学第一口腔外科所属)がお答えします。

無料電話相談:03-3634-6480 月〜金10時〜7時 土10時〜13時(日祝休診)

無料カウンセリング
保存治療(インプラントその前に)
インプラントの費用
正しい専門医の選び方
体験者の声
センター紹介(両国駅前)
ホームへ戻る > 根幹治療と治療期間
  • Q.現在、右上2番の根幹治療を始めて1年6ヶ月になります。根幹治療はこんなに長く続けなければいけないのでしょうか?
     初めてご相談いたします。
     現在、右上2番の根幹治療を始めて1年6ヶ月になります。クリーニングの際に自覚のなかった虫歯の神経を抜いたのですが、側枝と思われる神経もあり、長引いています。
     昨年末、ようやく最終的な薬を入れて様子を見る事になりましたが、薬を入れた直後から痛みが出て、その後レ−ザー治療を1ヶ月ほどしましたが痛みが続き、再度根幹治療を始めました。1日経った今は、小鼻や鼻の下の痛みが強く出て、不安になっています。
     お聞きしたいのは、根幹治療はこんなに長く続けなければいけないのでしょうか?また、治療中に転院は可能でしょうか?大雑把な内容でわかりにくいと思いますが、宜しくお願い致します。


  • A.両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。
     1年6ヶ月は、やはり長すぎると思います。
     私は無自覚ならば、基本的には、あまりいじりませんが、たぶん根尖病巣があったのでしょう。
     よろしければ、東久留米から是非お越しください。

 ホーム
両国インプラントカウンセリングセンター・併設 蛭間歯科医院
〒130-0026 東京都墨田区両国2-20-12 TEL03-3634−6480 FAX03-3634-6484 [詳細マップ]  
Copyright (C) 2004-2005 Hiruma Dental Care Clinic. All Rights Reserved.